知ってました?セルライトは自宅で除去できる!?

女性必見!!お尻がキレイに見えるためにたった1つの体の使い方1
多くの女性が悩んでいる「セルライト」。セルライトは少し太り気味の女性に多く見られます。そこまで気になっていないという若い年齢の方も20を過ぎた頃にはダイエットしたりでセルライトが増えることにより気になってくるのではないでしょうか?

ちなみにセルライトをネットで検索してみると・・・なんと約 5,420,000 件もの検索がされています。セルライトに関してかなりの女性が悩んでいるんだと思います。
実はお尻から太ももにかけてのセルライトは痩せている方にもできてしまうもので、成人女性の8割以上にあると言われています。痩せている方にも実は、できてしまっているんです。

セルライトっていうのはどんなものか

まずはセルライトはどんなものかイメージしてみること。 セルライトというと何だか特別やっかいなモノのように思えますが、脂肪細胞の周りにできた老廃物の塊が集まったものです。 体の中の老廃物を流せないでいると、どうしても体に「冷え」ができてしまいます。そうなってしまうことで脂肪細胞の周りにある老廃物同士がくっ付いてしまうんです。そうなってしまうと、どんどん大きくなります。ひどくなった場合はうっすら見えるではなく、ボコボコして見えるようになってしまいます。。。

ダイエットとセルライトの関係

女性のダイエットがうまくいかないときの2つの秘訣1
「ダイエットをして体重は落ちたけど、セルライトは残ってしまった」という人がよくおられます。セルライトは落ちない、改善しないと思われがちなんですが、これは違います。

こうした人たちがやったダイエットのほとんどは、無理な食事制限などでとにかく体重を減らしただけで、脂肪ではなく筋肉を減らしてしまっている状態です。
つまりセルライトだけが残ったというのではなく、本当はセルライト以外の皮下脂肪なども残っているわけです。

セルライトは、長い時間をかけてたくさんの老廃物を巻き込み硬くなった脂肪組織の集合。なので出来たばかりの皮下脂肪よりも落ちにくいのは事実です。でも、その脂肪を溶かすことがセルライトとさよならするためには「バターを溶かす」のと同じです。温めることです。

セルライトとバターも同じです。脂肪は温かくしてあげればやわらかくなります温かくなれば血行も良くなり、セルライトの老廃物を徐々に流しだす事ができます

自宅でできるセルライトケアとは??

食事から身体を冷やさない体質をつくることです。

女性なら食事制限などをされるダイエットをしますよね。ダイエットは心身の健康とも深く関係しています。余分な脂肪は身体の代謝を下げ、内臓や骨にも負担をかけてしまいます。急に体重増加したときには、心身に深くストレスや疲労がかかっていたり、病気の疑いにも繋がります。

ダイエットのために食事を制限するのではない。食生活を改善することはホルモンバランスが整い、ストレスから解放されたり、不眠や不調の解消、病気の予防にも効果があります。多くの女性が悩む生理前の不調も改善がみられます。

普段の生活の中で何か身体の不調を感じているのであれば、それを改善すべくダイエットに取り組んでみるのもいいかもしれませんね。

だからこそ、身体を冷やす食べ物を制限してみてはいかがでしょうか?
女性が摂取しやすい食品を紹介します。

どん、パン、そば、パスタ、小麦粉系。
バター、牛乳、ヨーグルト、緑茶、抹茶、プーアル茶、ジャスミン茶、コーヒー。

上記のものは一部ですが、基本的に体を冷やしてしまう食べ物になってきます。
体を温めるのはどんなものなのかも気になると思います。それは「冬の野菜」です。冬は寒くお鍋などもされると思いますが、お野菜。

冬野菜っていろいろあります

2559e31b3302b6ad3e88905918d8f1b3_s
冬のほうれん草は霜にあたっている状態こそが最良で、栄養が凝縮されています。実際にもビタミンCは夏の生育期に比べると3倍もの含有量があり、発ガン予防や風邪予防にも効果を発揮します。

ほかに、鉄・カロチン・ビタミンB1・カルシウム・マグネシウムといったビタミンやミネラルも豊富。
5bac4a4c6e29dd91208160c7be77b5eb_s
冬のお鍋の野菜のなかでも主役のような存在の白菜。
冬野菜の中でも体を温める作用がピカイチです!ビタミンB1を含む豚肉との相性も良いので二つの食べ合わせによって風邪などのウイルス感染の予防にも効果があります。
ちなみに、イソチオシアネートと呼ばれるガンの増殖を抑制する成分があることもわかっています。
1be655856019c38f9e6d8fb2d84729c6_s
小松菜は栄養価が高いです。100gでビタミンA・Cが成人の1日摂取量を満たしてくれたり、カルシウムはほうれん草の5倍も上回ることが明らかになっています。

グリーンスムージー、きのこと和えるお料理で使用することで栄養価も倍増し、体内への取り込みも促進されます。
433c86f4b9d5c6d120283b5b3f33f731_s
大根は丸ごと使えて薬味にもできますよね。
成人すると減少してしまう体内酵素をサポートしてくれる成分を含みます。消化をスムーズに促進し、食物の体内吸収率を高める働きがあります。この作用から胃を丈夫にする薬理作用がみられ、胃もたれや胸焼けなどの改善効果も期待できます。

まとめ

6407316197449c40a5af8a57b845b347_s
なかなか食品で冷やしてしまうところには気付けないと思うます。冷やしてしまうことに目を向けるよりも「温める」ことに目を向けてみましょう!そうすることで一緒に「冷え性」も改善していきましょう!

身体の内側から働きかけ、代謝や循環を高め、ダイエットやセルライト除去の効果を促進させてくれるでしょう!

まずは体を体を温めてくれる野菜の摂取をして、温かくなる体作りを!!
ページトップ