『むち打ちの対処法と治療期間についての注意点』

dbc246323b22e40a65dcc33480f9254a_s
こんにちは。交通事故患者様に絶大な支持を受ける和歌山県和歌山市の鍼灸整骨院
和歌山スマイルはりきゅう整骨院の野鹿瀬です。

肩こりは本当につらいですよね。もんでもらうと一時的には楽になるけれど、すぐまた何かの拍子にきゅっと凝ってくる。

そして、交通事故に遭われてから肩こりがひどくなってしまうというパターンもあります。
しんどくなってしまった方のためにもっと根本的に治そうと決意して、当院に来られる方もゴールデンウィーク後になって多くなってきました。
むち打ちになってしまうと、首や肩が痛くなり、手足の痺れや悪天候により頭痛などが起きてしまいます。

しかし、症状は事故後【すぐ】にではなく、翌日や後日から出てくることが多いため、その時痛くなくても必ず病院で診てもらうようにしましょう。


むち打ち治療では、まず整形外科へ行き、検査や治療、または痛み止めを処方してもらいましょう。その後、整骨院で施術をするという流れです。

整骨院では、患部の触診をして筋肉の状態や関節の動きを確認した上で、一人ひとりの症状に合わせた施術を行っていきます。

ただ、マッサージをするだけではないのです。

施術中でも、ケガや施術のことで気になることを気軽に相談してくださいね。
適切なアドバイスができると思います。
5c3a9e8966fab29bd3bcc11c674b95ea_s
施術の期間についてです。もちろんケースにもよりますが軽度のむち打ちでも後遺症を残さないためにも治療に最低1~3カ月程度はかかります。。

ここでお願いしたいのが、痛みがひいてきたからといって、通院をやめたり、急に激しい運動をしたりすることは避けるのが好ましいです。むち打ちは後遺症が残ってしまうこともありますので、甘く見てはいけません。筋肉の緊張からもゆがみが生まれそこから体の負担が大きくなってしまいます。

両腕、両肩を動かして背中側に意識を集中させ両方の肩甲骨をぐっとくっつける動きを繰り返しましょう。ストレッチは気持ちがいいですし、リラックスできます。肩甲骨のゆがみも防ぐことができます。
どの体操も自分の体調に合わせてやればいいですが、いきなりたくさんやることはよくありませんので、少しずつ増やしていきましょう。
f2698a67594ee1f918584f468b122436_s
年齢と共に筋肉は固くなっていきますので、毎日少しでも、出来れば決まった時間にリラックスした状態で体操を行って、メリハリある毎日を過ごすことも結局は肩こりやむち打ちの後遺症知らずの生活に結びつきます。


私たちは、皆様の症状がより早く改善できるよう、また後遺症が残らないよう、今までの経験と知識を活かしてサポートさせて頂きます。

ご相談は常に受け付けておりますので、お気軽にご連絡くださいね!!
ページトップ