妊娠中は体重が増えるのが当たり前!?

8b0fa4d239b88e0100e80992aa16584f_s
妊娠中というのは食べても良いとされている食品、食べてはいけないとされている食品などがありますよね。でも妊娠中って太るのが当たり前という感覚になってしまい「食べて良いものであればどれだけ食べても大丈夫!」となりがちになっていませんか?
特につわりで具合が悪く食べられなかった妊婦さんはつわりの時期が終わったとたんに食欲がすごい。食欲が爆発!!!なんてこともありますよね。
bfde6e9fc0eb47ee5cd9d473e9094393_s
赤ちゃんの体重は安定期に入る5か月頃でもたったの300gに満たない程度しかありません。しかし生まれてくるときは平均3000gの体重の体重になってくるのでご自身が体重計に乗ったときは3キロは数字が大きくなるということになりますよね。

でも、数字は見たくない。どんどん数字が大きくなって、また大きくなってと不安になってしまいませんか?妊娠中に「え!昨日よりこんなに増えてるの?」と驚いた時、あなたは妊娠がキッカケで太ってしまっただけではなく、他にも原因があったりします。その原因を一度チェックしておけば対応もできるようになります。あなたの不安を解消して、「産後太りも気にならない!」そのために妊娠中、出産前から準備をしていきましょう!

ママが気を付ける事。むくみと便秘も要注意!

その原因を考えてみると「そういえば何日か便秘だな…」ということがよくあります。特に妊婦さんは赤ちゃんが大きくなるにつれお腹が圧迫され便秘になりがちで、でも安易にお薬に頼るわけにもいかないし、お腹をぐりぐりマッサージするわけにもいきませんよね。
ということから「便秘」に悩まされる方も多いです。また妊娠中には体内で作りだされる血液の量が増加し、身体に水分を溜めこみやすくなります。体重が増えている・身体がだるくて重い…と感じた時、自分の身体と向き合ってみると、便秘だったり足がすごくむくんでいる!と気づくことも。

これを慢性化させてしまうと体重も増える一方、身体も苦しくなるばかり。毎日のケアで溜めこまないことが第一です!妊娠中の方に通じていえることは、体内の循環を良くし、いらないものを輩出していくこと。下記に気を付けてみましょう!
9008067648e0f736975fd08255db022e_s
同じ姿勢をずっと取っていたり、運動不足になってしまうと血液循環が悪くなり、身体の中の悪いものが排出されにくくなってしまいます。そうならないようにも適度に汗をかくことも大切ですね。
6407316197449c40a5af8a57b845b347_s
むくんでしまうから…と水分を控えるのではなく、体内循環を上げるためにも水分は必要不可欠なんです。赤ちゃんを守る妊婦さんの身体には普通の人以上に水分が多く必要になります。
bd1c54330f635cc055fe28cbea8b98ce_s
むくみの解消には塩分を排出すると言われているカリウム、便秘には食物繊維ですね。食物繊維やカリウムを別々に摂取するのは面倒臭いとなってしまうはず。だから一緒に摂取できる「バナナ」もオススメです。

実は強敵な◯◯!

7a7a8afb3659fe4f6b64a2b7a066cc93_s
妊娠中にはお酒も辞め、しっかり3食を食べた後にはすっきりしたくて食後の締めにデザートが欲しくなることありますよね。そんな時、つい食べたくなってしまうのが、そう!アイスクリーム。甘くて美味しい。トロッと口の中でとろける。さっぱりしてるし。大した量は食べてないから「大丈夫~。」と思っていても、体重計に乗った時には、な・なんと3週間で3kgも体重が増えてしまっている!なんてことも・・・

実はアイスクリームって脂肪分が多いんです。妊婦さんは食べると特に脂肪を蓄えやすくなっているので、妊娠前と妊娠中に食べているアイスの量が変わらなくても、妊娠前よりも太りやすくなってしまうんですね。食べる量は少しずつでも調整してみましょう。

実は大切。日常的に適度な運動。

b83f65b101cc41efb075b9f63bcebc7e_s
重いものを持たないようにして身体に負担をかけないように。ヒールの高い靴はやめてて、夜遅くには出歩かない。など、妊娠前との生活からガラッと気を付けるべきことが変わり、妊娠中から出産に向けての変化に慣れるまで、心も身体も少し時間がかかりますよね。

でも、だんだんとお腹が大きくなってきた。あるとき、ふと鏡に映った自分の後ろ姿。見てびっくり。今までに見たことがないくらいお尻が垂れている。。。お腹が出てくるのは赤ちゃんが成長した証拠なので想像通りだと思います。しかし、腰回りやお尻周りにたくさんお肉がついているということも。。。

それまであったはずの筋肉が、妊娠からお腹が大きくなってきた。そんなわずか数カ月程度での「習慣の変化」により、どんどん筋肉が落ちてしまうんです。
スムーズな出産のためにも、骨盤底筋群や股関節やお尻周辺の筋肉を妊娠中からしっかりと保っておくことも重要といいます。また、筋肉がしっかり動かなければ、産後についてしまった脂肪の燃焼をすることが出来ません。


妊娠中は5カ月からの安定期に入れば、適度な運動が推奨されていますので
無理に階段を使う必要はありませんが、毎日出来るだけこれくらいの距離は歩くと決めるなど、日常的に運動を習慣とすることが大切です。

まとめ

妊娠中だって出産後だって、いつまでも綺麗なスタイルでいたい!というのは皆さん同じですよね。その為にはやはり毎日の習慣・努力が重要です。

妊娠や出産というのはご自身の身体が大きく変わってくるとても大切で不安な時期だと思います。

逆に今までの習慣を良い方向に変え、緩んだ骨盤から姿勢を正しい状態に整えたり運動したりと妊娠前よりも綺麗になれるチャンスでもあると思います!

お腹の赤ちゃんをまずは第一に、あなたの心と身体も大切に。
ページトップ