ゴルフからの腰痛

banner_ranking

ea9055c05772e3b00931c37d56bc087b
「ゴルフすると腰痛になる」ではありません。
ゴルフしても腰痛になる人とならない人がいます。どうしてなんでしょう?

体の使い方のクセが問題です。
スイングでの体を捻る動作で腰に負担をかけてしまっているのです。
ゴルフのスイングの際の体の使い方を変えることができれば腰痛は予防できるのです。

「フォームは自分のやり方があるから!」と思うかもしれませんが、
「フォームを変える必要はないんです」要点さえ押さえておけばそんなに難しく考える必要はないんです。

ゴルファーの腰痛の始まりはゴルフスイングによる腰の筋肉疲労が原因?


いや、もっと根本的な原因があります

胸と骨盤と分けて動かせますか?

たくさん捻る動作をしていても、普段から筋肉が柔軟であれば、左右・前後の筋肉の差と言うのは出てきません。
固くなる(負担が溜まる)理由こそが根本的に痛くなる原因です。

だからゴルフをしたから出たというよりも、
胸と骨盤を分けて動かせていないことから腰痛が引き起こされてしまうんです。
ゴルフで引き起こされる「腰痛」というのは、マッサージではなかなか改善されません。

「痛み止め」を飲めばなんとかラウンドはできるが、パターはつらかった。あの姿勢が辛かった。

「痛みを我慢してするゴルフ」
「痛みを気にすることなくするゴルフ」どちらがいいですか?


最悪の時は、「間欠性跛行(かんけつせいはこう)」になって、歩くとき、しばらく歩くと足に痛みやしびれが出て歩けなくなる、少し休むとまた歩けるようになるというような症状がひきおこされてしまうことも。。。

腰痛を改善するために必要なこと


体を捻る動きを変える必要がある
繰り返しになりますが、ゴルフは体を捻る動き(回旋動作)が多いです。
腰への負担を減らすためには、体の捻り方を変える必要があります。

腰への負担を減らすためには腰と胸とを分けて動かせること。

大事なことはシンプルなんです。

腰というのは背骨の腰椎という部位で構成されています。
そもそも腰椎は捻ることは苦手な構造となっています。

苦手な構造を無理やり捻ってしまえば壊れちゃいます。

では、腰を捻らないためにどうするか?
 
腰ではなく「股関節」と「胸」で捻る動きをしよう

腰が捻ることができなければ、その上下の関節で補ってあげればいいのです。

・腰椎の上→胸椎という部分(肋骨がある場所)

・腰椎の下→股関節(足の付け根)


当院では動きの悪くなった筋肉や皮膚の動き(滑走不全)を改善したあと、「リアラインコア」というゆがみ矯正器具を用いて股関節や胸周りを正しく動かせるようにトレーニングしていきます。
スイングをするポジションをとったときに猫背な人はいますか?

腰が丸まっているとこの後の説明する胸椎の動きも少なくなってしまいます。

スイングと体の捻り

 スイングと股関節の捻り
バックスイング(クラブを振り上げるとき)とフォロースイング(振り切るとき)には左右の股関節はそれぞれ異なった捻りの動きをします。

特にドライバーなどで大きなスイングをする際に勢い余って腰まで捻ってしまいがちです。

腰と股関節の動きを分離することがポイントとなります。

スイングと胸椎の捻り

腰の上にある胸椎という部位は普段の生活であまり意識をしない部位です。

そもそも、「胸を動かす」というイメージが少ないと思います。


しかし胸椎という部位は腰椎よりも捻る動き(回旋)がしやすい構造となっていて、思っている以上に動きがでる関節なのです。

普段意識していないと、股関節や胸周りはどんどん使わなくなってゆきます。

意識的に動かして本来備わっている人の動き方を引き出すようにしましょう。
スマイルで施術やトレーニングを行うことによって


「今日は腰痛があるから本気でゴルフできていない。」という感じから

飛距離が伸びた
スコアが良くなった
腰痛が出なくなった

和歌山市!スマイル整骨院の口コミ、評価


和歌山スマイルはりきゅう整骨院では、施術後に「慢性的な腰痛が軽くなった!」「ゆがみが整った」というような声を患者様から多く頂いております。
その患者様の声によって同じような症状でお悩みの方が一人でも多くの方が笑顔になればと思います。
和歌山市から笑顔大発信!
ページトップ