坐骨神経痛で足の痺れる和歌山市にお住いの方の事例

和歌山市で口コミ評価で圧倒的支持を受ける和歌山スマイルはりきゅう整骨院です!!

はじめは腰痛だったのに気づけばお尻から下肢にかけて痛みや痺れがでてしまう場合もあります。

病院では座骨神経痛と言われたりします。

病院で痛み止めの注射を打ってもらったり、薬や湿布を処方してもらっても症状がなかなか改善しなかったHさんの事例をご紹介します。

 

【和歌山市にお住いのHさんの事例】

 

和歌山市にお住いのHさんが通院してくれたのは2月くらいでした。

会社の役員をされていて座り仕事が多いHさん。デスクワークをしていると徐々に痛くなってくる「お尻から下肢の痛み」。

 

ご自身の体調管理のためにボクシングを習っているので運動不足ではないとのこと。

病院では薬や注射をしてもらったそうです。

しかし病院では状態に関してや原因については説明がないことが不満で原因がわからず不安だったそうです。

 

仕事が休みの日の日曜日にいっそう痛くなってきて、数日経っても痛みが改善されないということでスマイルにきてくれました。

 

検査での見立て

 

・寝返り動作時に痛む

・前屈時に痛む

・痺れ感覚

 

身体の検査をすると、腰やお尻の筋肉はガチガチに固くなっていることがわかりました。

日常生活について聞いてみると、デスクワークもしていて座っていることが多いとのこと。

 

仕事で長時間同じ姿勢でいることから腰への疲労や負担の蓄積、股関節を動かす動作が少なく股関節の動きも硬いことがわかりました。

 

原因はデスクワークによるお尻の筋肉の「筋膜の癒着」、股関節のゆがみでした。

 

この癒着を剥がすこと股関節のゆがみを取り除き、動かしやすい股関節にしていくことがポイントになりました。

 

施術や経過について

 

施術1回目

施術は腰やお尻周辺を中心に筋膜の癒着を剥がしていきました。それに加えて固くなっている股関節のエクササイズも行いました。

 

当初ガッチガチだったお尻周辺が緩まりました。歩行が行いやすくなり、座るときも痛みが少なく楽だということで初回の施術は終了。

 

施術2回目

3日後、2回目の施術を行いました。

腰やお尻周辺の調子はどうか?仕事中での支障はどうか聞いたところ、前回よりも軽い状態で過ごせたということでした。

 

デスクワークを長時間行われることから身体に負担は溜まりやすいです。

 

元々の筋膜の癒着がひどかったことや股関節が硬いことから痺れもでてきてしまっていたので、股関節の動きのゆがみも今回からは整えていく方針で行っていきました。

 

施術7回目

 

施術直後は楽になるが仕事を始めるとまた痛みが出たりするということもありましたが、根気強く通院してくれたおかげもあり痛みは軽減し調子よく仕事もできるようになってきたということです。

 

筋膜の癒着の状態もよくなってきたので、この時期からは身体に負担を溜めないための体つくりも併行。

 

腰やお尻に負担が堪らない股関節のトレーニングを行いました。

 

施術14回目

 

身体の状態に不安も感じることがなくなり、健康維持のために行っているボクシングも痛みを気にすることなく楽しく行えるということでした。

 

健康な状態でいてれることが嬉しい!」

 

はじめは痛みで仕事や趣味にも支障が出る状態でしたが、しっかり治療することで素敵な笑顔になっていただけました。

 

治療家としてやりがいを感じる喜びを実感させていただきました。

 

まとめ

 

腰痛は色々な症状を引き起こしてしまいます。座骨神経痛もその一つです。

症状を放っておいても、そのうち良くなるだろうという気持ちもわかります。

 

しかし、身体の老化や進行はなかなか気付かなかったりします。症状が悪くなって対応しづらくなるめになる前に、一度専門家の方へ診てもらうことをオススメします。

 

和歌山市にお住いで腰痛・坐骨神経痛でお悩みの方は一度、和歌山市にある和歌山スマイルはりきゅう整骨院へご連絡ください。