歩き方や座り方にも影響が出る、股関節の痛みとは??

私たちの行動を支える股関節に痛みが生じれば、歩くだけで苦痛を伴います。また、症状によっては座っているときに痛みを覚えるケースもあります。

 

まずはそれらの原因を的確に把握したうえで、症状の改善を目指していきましょう。股関節の痛みに効果的なストレッチもご紹介していますので、参考としてみてくださいね!!

 

 

1,股関節の仕組みと働き

股関節は私たちの様々な動作の中心となる個所であり、身体のなかでもっとも大きな関節です。

 

立ったり、歩いたりといった、基本的な動作を考えるだけでも、股関節を痛めたときの辛さがイメージできるのではないでしょうか。

 

 

股関節を痛めてしまうと動くたびに傷むようになり、ひどいときには立っているだけでも痛むことがあるほか、動き自体も悪くなってしまいます

 

 

 

 

 

股関節は、太もものなかにある大腿骨の上端が骨盤のくぼみにはまり込むようになっています。

 

これを周囲の筋肉によって自在に動かすようになっているため、痛みが生じたときには原因を正しく知ることで適切なケアへとつながっていきます。

 

 

2,股関節が痛くなる3つの原因

 

2-1 筋肉の硬さで動きに制限がかかる

 

身体が硬いと自覚している人も多いかと思いますが、単純にそのような体質だからと軽く見ていてはいけません。股関節が硬いと、股関節を使った様々な動きに制限がかかります。

 

 

この結果、周囲の筋肉も硬くなりやすくなるので腰に負担がかかって骨盤にもゆがみが生じます。

 

他にも背骨の弯曲(カーブ)にも影響を及ぼし股関節だけでなく、首や肩・腰などにも負担がかかって痛みが発生しやすいこととなります。

 

2-2 骨盤や身体の歪み

 

人間の姿勢とは、本来どこにも負担のかからないものであるはずなのですが、これまでの生活習慣によって正しい姿勢が崩れ、骨盤や身体にゆがみが生じることは少なくありません

 

ゆがみとは、身体のどこかに負荷をかけるのと同意であるため、股関節に近いところにゆがみが生じれば、股関節の痛みという症状が表面化する可能性があります。

 

2-3 歩き方

 

骨盤や背骨がゆがんでいると本来あるべき姿勢ではないので歩き方も崩れてきます

 

崩れた歩き方は骨や筋肉に負担をかけるものとなり、その結果として股関節の痛みを引き起こすこととなります。

 

 

*理想の歩き方はこんな感じです。

 

 

この場合、症状は股関節に出ていますが、そこをケアしてもなかなか改善することはありません。なぜなら、本当の原因は骨盤や背骨のゆがみに他ならないためです。

 

 

2-4 変形性股関節症かも

 

ゆがみを原因とする股関節の痛みについて説明しておりますが、変形性股関節症である場合もあります。

 

変形性股関節症というのは骨盤と大腿骨のあいだの軟骨がすり減ったことで痛みが生じるもので、成人の股関節疾患で最も多く見られるものです。

 

高齢者や女性に多く見られる傾向があります。

 

3,痛くなった時に効くストレッチ5選

 

股関節に痛みを感じたときに効果的なストレッチ方法を5つご紹介しますので、是非、皆さまのコンディション改善にお役立てください。

 

股関節を柔らかくするストレッチ

 

 

1、脚を大きく開き、つま先を外側に向けます。

*このとき、膝もつま先と同じ向きとなるよう気をつけてください。

2、そのままの姿勢で腰を真っ直ぐに落とし、両膝の内側に手を置きます。

3、上記の姿勢のまま、肩入れをおこないます。

このとき、入れた肩と同じ側にある膝を、そこに当てた手で後ろ側へと開くようにして、10秒ほどキープしてください。これを左右5回ずつ繰り返します。

 

 

 

・太ももの裏を柔軟にするためのストレッチ

 

1、骨盤を立てるようにして背筋を伸ばし、床に座ります。両膝は曲がったままの状態でも構いません。

2、そのまま両膝を伸ばします。後ろに手をつき、バランスをとるようにするとやりやすいです。

3、両足のあいだに手を置き、徐々に状態を倒していきます。このとき、骨盤を立てた状態であるように意識してください。倒せるところまで倒したら、5秒ほどキープします。これを5回ほど繰り返してください。

 

・足を組む腰痛改善ストレッチ

 

1、椅子に座って足を組み、息を吐きながら上体を倒していきます。

2、倒せるところまで倒したら、5秒ほどキープし、ゆっくりと上体を起こします。

この動きを左右の足を組みかえてそれぞれ5回ほど繰り返してください。

 

 

・腰のゆがみを取るストレッチ

1、膝を揃えて座り、後ろに手をついてバランスをとり、揃えた足を左右に3回ずつ振っていきます。

このとき、膝とかかとがついたままとなるよう気をつけてください。

 

 

・ヨガの要素も取り入れた腰痛改善ストレッチ

1、両方の足の裏を合わせ、あぐらをかくようにして座ります。

2、足先を両手で持ち、息を吐きながら上体を前へと倒していきます。

倒せるところまで倒し、30秒ほどそのままキープしてください。

 

4,まとめ

 

 

股関節の痛みは、日々の活動の幅を狭めてしまうものであり、そのままでいれば運動不足による血流や代謝の悪化を招いてしまいかねません。

 

主な原因となる身体のゆがみを解消するためにおススメなのが整骨院での施術を受けることです。

 

整骨院で診てもらえば、変形性股関節症の可能性についても指摘も受けられますので、痛みの解消のために最適な場所といえます。