実はな話!!妊婦さんが知っておくべき骨盤矯正のこと

お腹にいる赤ちゃんに関わることでなければ、身体に痛みを感じていても妊婦さんたちは“自分が我慢すればいいから・・”、“妊娠中だから・・”と耐えるばかりの日々を送ってしまいがちです。

しかし、妊娠中だからこそ身体のメンテナンスに力を入れるべきなのではないでしょうか。

今回、妊婦さんが悩みを抱えやすい骨盤矯正について取り上げてまいります。

1.妊娠中に腰が痛くなる原因

多くの妊婦さんが腰痛に悩まされますが、妊娠初期と後期において、それぞれ別の原因によるものとされています。

妊娠初期の場合には、リラキシンという卵巣ホルモンが分泌されることが原因です。

リラキシンは赤ちゃんがお母さんの骨盤を通れるよう、出産に備えて骨盤を緩めていくため、その緩んだ骨盤を周囲の筋肉が支えようとすることで痛みを感じるようになるのです。

 

また、妊娠後期には、お腹の赤ちゃんが大きくなってくるため、背骨がバランスを取ろうと後ろへ反ったような姿勢となることで腰痛を生じてしまいやすくなります

2.妊娠中の骨盤矯正とは

上でも触れているように、出産に向けて卵巣ホルモンの影響により骨盤が開いていくのですが、開いていくばかりではなく、開いたり閉じたりを繰り返しながら、徐々に開いていきます。

このため、骨盤はとても不安定な状態であり、骨盤が歪みやすくなっています

骨盤がゆがめば、中にいる赤ちゃんは居心地が悪くなるため、発育に影響が及ぶだけでなく、逆子になってしまうこともあります。ゆがみは正常な姿勢ではないのですから、妊婦さんも腰痛に悩まされることとなります。

より快適なマタニティライフを送るためにも、赤ちゃんのためにも、骨盤を矯正してゆがみを解消していくことはとても大切なのです。

3.施術の内容と効果について

最近ではマタニティ整体という言葉もいくらか目にするようになってきました。

なかでも骨盤矯正を目的とした施術では、赤ちゃんの成長によってゆがんでしまった骨盤を矯正していきます。

整体と聞くと、バキバキされるといったイメージを思い浮かべてしまうかもしれませんが、マッサージ以外の整体の施術を行うような整体院や整骨院では妊婦さんの身体を知り尽くしているため、無理な負担のかからないよう念入りな施術が受けられます。

 

骨盤矯正の施術では、股関節痛、恥骨痛、腰痛などの緩和に効果があります。また、逆子の予防にも効果的です。

4.妊娠中の施術で気をつけるべきポイント

整体での施術を受ける場合には、事前にかかりつけの産婦人科医から許可をもらうようにしておきましょう

自己判断で5カ月目に入ったから安定期だと思っても、赤ちゃんの成長には個人差があるため、医師による確かな判断が必要となるのです。

また、許可が出た後も、体調がすぐれないと思った時には施術を受けないようにすることも大切です。

加えて、施術中に体調の異変を感じたら無理をせず、その場ですぐに整体師などに伝えましょう。我慢は禁物です。

 

最後に、施術をいつまで受けたらいいかも悩みどころかもしれませんが、これについては産婦人科医や整体師などに相談しながら、各々で決めていけば大丈夫です。

5.1人でもできるエクササイズ&ストレッチ

整体院での施術が安定期からでないと受けられないのですから、妊娠初期に見舞われる腰痛や骨盤へのケアは自力でおこなうしかありません。

以下に、一人でもできるエクササイズ方法やストレッチ方法をご紹介しますので、是非とも試してみてください。

 

5-1お腹まわり

まずは、猫のポーズ(キャット&ドッグ)と呼ばれるものをご紹介します。

 

1. 両手両足を肩幅ほどに開いた姿勢で四つん這いになる

2. 息を吐きながら、おへそを見るように背中を丸めていく

3. 息継ぎをして、再び息を吐きながら、今度は背中を反らしていく

4. 以上の動作を2~3回繰り返す

 

5-2股関節

 

床に座りながらできるストレッチですので、ちょっとした時間にでも実践することができます。

 

1. あぐらを組んでから、両足の裏を合わせる

2. 両手で足を掴み、背筋を伸ばせるところまで伸ばす

3. ゆっくりと深呼吸をする

 

上記に慣れたら、両手をそれぞれの膝に置き、床方向へと押してみましょう。股関節がしっかり伸びていることを実感できると思います。

 

 

5-3ふくらはぎ

 

徐々に増加してくる体重によって、足への負担も大きくなってきます。こちらも手軽に実践できますので、普段の生活に取り入れてみましょう。

 

  1. 床に座って、足を真っ直ぐに伸ばす
  2. 足の指を曲げて、グーのかたちを作る
  3. 足の指を拡げて、パーのかたちを作る

6.まとめ

これからの出産に備える妊婦さんは、身体の悩みをあれこれと抱えがちなものです。

腰痛や骨盤の矯正については、これまでご紹介してきた内容を参考としながら、今後のケアを検討されてみてはいかがでしょうか。

身体的なストレスは精神的にも影響を与えるものですので、より快適なマタニティライフを送ることができるよう、身体のコンディションを整えることに留意していきましょう。