肩こり、頭痛を緩和するために薬を飲むことについて

 

dfd36cbd1935dc5537d130ed9f6a6923_s
肩こりで悩んでいる方で症状として併発しやすいのが頭痛。その頭痛がどうすれば出なくなるのか?出なくなるだけではなく再発しないようにするためにはどうすればいいのかをご紹介していきたいと思います。
9f166c46518d23eb11ae971531015f3f_s1
肩こりからくる頭痛はいずれにしても不快な症状であることに変わりはなく、症状の出方が強い場合には日常生活に支障が出てくる可能性も高くなります。ですからそのような時にはマッサージに行ったり、ストレッチをしたり、病院でもらった専用の薬を飲んで、症状の改善、緩和を図ると言う人もいるかもしれません。
とくに仕事の都合や整体、マッサージにも行けなかったり行ったことのない方はどうしても「薬」に頼ることが多いのではないでしょうか? まずは頭痛の種類を少しご紹介します。

いろいろなタイプの頭痛

現在、日本人の3人にひとり(15歳以上の方)が頭痛持ちといわれるほど、多くの方が頭痛で悩んでいます。しかし、頭痛といっても、肩こりが原因で起こる頭痛から生命の危険性のある頭痛までさまざまあり、その原因によって対処法も異なります。
頭痛は、一次性頭痛と二次性頭痛に大別されています。
他の病気を伴わない頭痛のことで、頭痛の9割はこの一次性頭痛にあたります。その中でも片頭痛、緊張型頭痛(または緊張性頭痛)、群発頭痛に分けられます。
脳や身体にある、なんらかの疾患が原因で起こる頭痛です。この二次性頭痛は命の危険もあるため注意が必要です。代表的な病気としては、「くも膜下出血」、「脳出血」、「脳腫瘍」、「髄膜炎」などがあります。

今回はその中でも一次性の頭痛に対してご紹介します。

78fe4282b15cbb3b4bceb785bba717be_s
緊張型頭痛は筋肉が緊張することで起こり、片頭痛は血管が拡張することで起こります。また、緊張型頭痛と片頭痛の両方を頻繁に起こす人もいます。
男性に多くまれな頭痛です。目の後ろを通っている内頸動脈が拡張して炎症が起きるためではないかと考えられています。

あなたの頭痛はどちらでしょうか?こちらのチェックを一度やってみてください。

セルフチェック

・温めると楽になる
・一定の鈍い痛みが続く
・軽いめまいを伴うことがある
・肩や首のこりがひどくなったときに頭痛する
・後頭部を中心に頭全体が締めつけられるような重い痛み

これらのチェックに当てはまる方は筋緊張性頭痛の可能性が高いです。

肩こりや頭痛の原因として、まずは筋肉のこわばりによる血行不良が挙げられます。仕事などで長時間、同一姿勢でいると言う場合、それによって筋肉が凝り、固まったような状態になりやすくなります。

筋肉の中を流れている血液は、細胞に栄養や酸素を届ける役割を果たしています。よって筋肉がこわばることで血流が滞りやすくなり、細胞に栄養が届きにくくなるため痛みが出てくると言う具合です。

また体が冷えていること、強い精神的なストレスでも血流の滞りは起きやすくなるので、それも原因である場合があります。

そのため薬には、筋肉のこわばりを緩和するための成分や、血流を促進する作用がある成分が入っていることが多いです。肩こりや頭痛を緩和、改善するために薬を飲むのは、悪いことではありません。ただし気をつけておきたいのは、頻繁に薬を利用するのは避けたいと言う点です。

その理由として、まずは薬はそれなりに体への負担がかかるものであるためと言う理由が挙げられます。よって肩こりや頭痛は改善されたけれど、眠気、全身の倦怠感などが出てくる恐れもあるためです。それからもうひとつは、肩こりや頭痛の裏側には血管性の疾患やうつなどの精神疾患が隠れていることも少なくはないためです。

そのような場合、薬を飲んでも一時的には症状は和らぐものの、根本原因が改善されない限りは完治には至りません。そしてその状態を放置しておくと、時には命の危険に関わるような事態が招かれることもあります。

まとめ

肩こりがひどくなったときに頭痛がしやすい方は頭痛でも筋肉の緊張性のもの。なのでそういうときは肩周辺の筋肉を緩めることからはじめましょう。でも、「たかが肩こりや頭痛だからそのうち良くなるだろう」とあなどらず、ある程度、薬を飲んでも症状が一向に改善されないと言う場合は、医療機関に相談することも必要だと言えます。

薬を飲んでも良くならない頭痛でお困りの方へ

頭痛専門整体ページ