ヘルニアの手術後、寝返りするだけで目が覚めてる程の腰痛で悩んでいた女性の改善までの経緯

腰痛で悩まれている方は「寝返り」でも痛みを誘発する場合があります。痛みで目が覚めてしまう。

寝返りにはどんな動作が含まれているのか。

 

寝返り動作を評価する際のポイントは、骨盤、体幹、肩甲骨、首の回旋(捻る動作)がそれぞれ分離して行うことができているかです。

 

分離していると言っても、実際は首・肩・腰・骨盤と繋がっているので、どこかが固かったり、上手く捻ることができないと上手く寝返りをすることはできません。

 

この骨盤や体幹・肩甲骨・首がうまく動くようになれば日常生活でも「楽」に寝返り動作ができるようになります。とくに体幹部の動きには筋力が重要でお腹の部分の筋肉の働きが弱いと骨盤に沿って体幹部が捻ることができません。

 

今回はヘルニアの手術をされてから足のしびれが残り、寝返りもできなかったWさんの事例をご紹介します。

 

—初回の状態—

初めて来院されたときは手術後3ヶ月で腰痛で重いものを持てないということと、寝返りをすると痛みで目が覚めてしまうことが辛いと来院してくれました。

病院で「ヘルニア」と言われ手術も行ったけど痛みが残って不安。

そして寝返りもできない・・・痺れは残り、腰痛も残る。。。寝返りをするだけでも痛む。

だからこそ「体のゆがみ」を整えないといけないのでは?色々と不安になってくると思います。「ヘルニア」と言われても諦めないことも大切です。

カウンセリングではどんな痛みなのか?何をして痛むのか?などを詳しくお聞きします。そこから、いくつか検査を行います。ヘルニアで手術も経験されているので、動作にも不安があるようでしたが状態を把握。

 

—検査—

来院時の状態としては「骨盤周囲の筋肉の不安定性」でした。とくに腹横筋の筋収縮を感じづらい状態。腹横筋というのは体を支える「インナーマッスル」です。筋肉のコルセットと言われ体を支える効果があります。とくに腰痛で悩まれている方には重要な筋肉です。

この筋肉が上手く動けていないことで寝返るをするのもしんどい、夜中に痛みで起きてしまうという状態でした。骨盤の不安定性に関係し股関節の動きも悪くなってしまいます。

—初回から4回目までー

初回から4回目までは股関節や骨盤部分の不安定性も見られましたので体のゆがみを整えることと同時にインナーマッスルのトレーニングも行っていきましたました。

初回~4回ほどで症状が減ってきましたが、寝返りでも腰に痛みがでてしまう。「目が覚めてしまう」を痛みが残っていました。

神経痛のようなピリッとするような痛みもありましたので痛みが強い時は「鍼治療」も行いました。深部の筋肉を緩めるのに鍼治療は効果的です。

 

5回目以降

5回目からは徐々に症状も変化してきました。とくに腹横筋(インナーマッスル)のトレーニングと並行して「骨盤部分」を安定して動かしてもらうように自宅でのセルフケアもお伝えさえていただきました。

インナーマッスルはボディビルダーの方のようにムキムキに見えるような筋肉ではありません。じわじわと動きがでてくるような筋肉ですので継続が必要でしたが頑張ってくれました。

約3ヶ月、多いときは週に2回。腰の痛みも変化して「痛みで目が覚める」こともなくなり、調子よくなったと大変喜んでいただきました。

 

ヘルニアとは

ヘルニアというのは体内のある臓器が本来あるべき位置から飛び出してしまった状態のことを指します。有名なものは臍ヘルニア(でべそ)、鼠径ヘルニア(脱腸)、椎間板ヘルニアがあります。

そのなかでもこの腰痛に関係するものは椎間板ヘルニアです。

椎間板ヘルニアとは背骨のクッションである「椎間板」の中に存在する髄核というゲル状の組織が、外に飛び出してしまった状態になります。

背骨は頚椎・胸椎・腰椎に分けられ、そのなかでも構造的に負担がかかりやすい頚椎と腰椎に好発します。

椎間板ヘルニアで特徴的な症状とは?

1、痛みやしびれ

どこに痛みやしびれが出現するかはヘルニアが突出している部位(脊椎のどの部分)によってどこに症状が出現するかは変わってきます。

・頸椎椎間板ヘルニアの場合

首や肩の痛み、腕~手の痛みやしびれといった症状が現れます。

・腰椎椎間板ヘルニアの場合

最も起こりやすく、腰やおしり、下肢にかけて痛みが発生ししびれも生じます。

2、膀胱直腸障害

尿や便が出にくい、逆に頻尿や失禁がみられることもあります。一般に膀胱直腸障害は手術の適応となることが多いため、特に注意が必要です。

まとめ

寝返り動作での腰の痛みはとくに体幹や骨盤部分といった「体の土台」をどれだけ循環良く動かすことが痛みの改善につながってきます。

そしてヘルニアということから痛みは改善できないということもありません。もし、「ヘルニア」で痛みが取りきれずに不安。寝返りでも痛みを感じて寝付けれない。

でも、良くなりたい!!もっと痛みのない、不安に思わない生活を送りたい!という方は一度当院までご相談ください。

 

ヘルニアや腰痛でお困りの方はこちら

 

全力でサポートさせていただきます。