他で良くならない理由(坐骨神経痛)

他で良くならない理由

今、このページを読んで頂いている方は、足のシビレがなかなか改善せずに日常生活やお仕事に支障が出ている状態だと思います。

整形外科や整骨院、整体に通ってもなかなか改善しない、もしくはロキソニンなどの痛み止めで痛みを紛らわせているかもしれません。

もし痛みやシビレが発症して1ヶ月以上経過しても改善しないのであれば、今までの施術があなたにあっていない可能性がとても高い状態になります。

あなたが今まで頑張って通院された時間や病院や整骨院の先生の施術が間違っていたということではなく、単純にあなたの坐骨神経痛に対する根本的なアプローチができていない。

例えば病院で処方される痛み止めですが連日飲み続けると副作用も強いため、体への負担が増えていく心配や歯医者の麻酔と同じで麻酔をかけている時だけ痛みを感じなくなるものですので、根本的な改善を見込めるものではありません。

ちなみに坐骨神経痛は体の奥の問題ですのででマッサージや電気も表面の筋肉へのアプローチだけでは改善しないことの方が多いのです。

 

症状についての説明

「坐骨神経痛」という病名は実は存在しません。

坐骨神経とは腰から神経が出てお尻の筋肉の間を通り抜け足先まで伸びているのですが、この坐骨神経の通る場所で痛みや痺れが出ていれば「坐骨神経痛」になります。

つまり坐骨神経痛というのは病名ではなく症状の総称であるため人によって坐骨神経痛の出ている原因が何かを突き止めることが一番大事になります。

 

 

坐骨神経痛の症状

長時間立っていたり座っていると片方のお尻に痛みやしびれが走るだんだん
足が
しびれた感覚でしゃがみたくなる下の物を拾おうとするとお尻からふくらはぎに痛みがはる

このような症状が当てはまればあなたの症状は坐骨神経痛です。

 

坐骨神経痛になりやすい方の特徴

片方にいつも重心が傾く癖がある
長時間の立ち仕事、座り仕事
足を組む癖がある腹筋
が弱い猫背
(姿勢が悪い)
体が硬い(特に股関節)
このような特徴があります。

原因

梨状筋症候群

骨盤の後方にある仙骨と大腿骨(太ももの骨)を結ぶ梨状筋と呼ばれる筋肉があります。

この梨状筋が疲労したり姿勢不良により筋肉上手に伸びたり縮んだりができずにしまうことがあります。

坐骨神経は腰から出て骨盤を通り抜ける際、梨状筋の隙間を通るため梨状筋が固くなることで坐骨神経を刺激し絞扼してしまいます。

刺激や絞扼によりお尻や太もも、足部にまでしびれを引き起こします。

これは年齢に関係なく若い人から高齢者までよく見られる症状です。

 

腰椎すべり症

学生時代のスポーツ活動によりに腰椎が疲労骨折を起こし、そのまま癒合せずに骨折部がだんだん離れていくことで腰椎が少しずつ後ろにズレます。

神経の通り道である椎間板を圧迫し神経症状をきたしたものが腰椎滑り症が原因で坐骨神経痛が引き起こされます。

 

腰部脊柱管狭窄症

50代~60代後半の高齢者多く背骨には脊柱管と呼ばれる神経の通り道が脳から背骨に沿って走っています。

加齢や筋力の低下などで腰椎自体が変性し神経が通る部分(脊柱管)を狭窄してしまうことで下肢に神経症状をきたしてしまいます。

脊柱管が狭窄されてしまうことで、神経がスムーズに下肢に行き渡らなくなり間欠性跛行(歩行時の痛みが休憩すれば痛みが減る)という特徴的な症状が出てきます。

この場合、脊柱管の通りをよくするために背骨のバランスを整えていくことが重要になります。

 

腰椎椎間板ヘルニア

年齢層は幅広く主に30代~40代の男性に多いとされています。

重たい物を頻繁に持ち運びをしたり運転業、デスクワークなど同じ体勢で長時間作業を行う方に多く見られています。

個々の背骨の間には椎間板と呼ばれるクッションの役割をするものの中に髄核があります。

重たいものを頻繁に持つ、長時間の座り作業など腰部分に負担をかけ続けた場合、椎間板が変性し髄核が椎間板から飛び出してしまったり椎間板自体が押し出される場合があります。

飛び出したものが近くを通る神経を刺激することで下肢に痛みやしびれをきたしてしまうものが腰椎椎間板ヘルニアが原因で生じる坐骨神経痛です。

日常生活での癖の修正や施術によりバランスを整えることが必須になります。

 

 

仙腸関節障害

骨盤を後ろから見た際中央にある仙骨と仙骨の両側にある腸骨という骨と合わさっている部分を仙腸関節といいます。

仙腸関節は強力な靱帯で結ばれていて通常3ミリほどごくわずかに動くのですが、姿勢の悪さやで筋力低下により仙腸関節にずれが生じてしまいます。

たった3ミリですが人間がバランスをとるうえでこの3ミリの動きはとても重要な役割をしています。

仙腸関節がずれてしまうことで骨盤のバランスがとれなくなり、骨盤の不安定性から坐骨神経を刺激してしまい坐骨神経痛を引き起こします。

この場合早めに骨盤を調整していくことで元の骨盤の状態に戻すことが改善への近道です。

 

和歌山スマイルはりきゅう整骨院

〒640-8483和歌山県和歌山市園部1413 (六十谷駅徒歩10分駐車場10台完備)